トップ > ISLについて > ISLとは

ISLとは

アイ・エス・エル(ISL)は、リーダーシップ教育・社会啓発を目的とした特定非営利活動法人(NPO)です。

世界最先端の全人教育プログラム、スピリットあふれる場、さらには人と社会への貢献イニシャティブの提供を通じて、自由と公序、私益と公益が両立する新しい経済社会像、企業像・組織像の実現にむけて自ら行動する世界に誇れる日本の次世代リーダーの輩出を目指して活動しています。

 

私たちは、共通の理念(Mission)をもち、共通の活動定義(Charter)を柱とし、活動の原則(Credo)に則って活動しています。

理念 (Mission)

公徳、情熱と志、創造力を兼ね備えた、社会全体のイノベーションを実現するリーダーを輩出する

活動の定義 (Charter)

理念を共有する個人の協働により支えられ創られる、独自の教育機関

  1. リーダーシップ、企業・組織・経済社会のあり方についての研究・啓発
  2. 全人格的教育プログラムの開発・提供・普及
  3. 相互触発・切磋琢磨の「場」「コミュニティ」の提供・運営
  4. 社会全体のイノベーションを促進する協働機会の提供・推進

これら4つを、活動の柱とする。

活動の原則 (Credo)

1. 企業家精神
企業家精神を軸に、構想力、実現力、経営力を涵養し、社会全体のイノベーションを推進する
2. あまねく公の視座
「あまねく公」という視野から、根源的な問いかけを行い、発想・行動することで、「官」「民」、「営利」「非営利」といった既存の垣根を越え、相互学習と協働を促進する
3. ギフトの循環
自律した個人が、自ら得たギフト(恩恵)を自覚し、自らの意思で、応分の還元を社会に対して行うことで、自由と責任ある社会の実現と維持に貢献する
 

三つの活動

三つの活動